男性

外付けhddの不具合|認識しない時は物理的障害が原因かも

このエントリーをはてなブックマークに追加

大容量でも送信可能

PCを操作する人

大容量のファイルをメールで送信したいのに、容量オーバーで送信できなくて困っているという企業におすすめなのが、オンラインストレージです。便利なシステムですが、セキュリティもしっかりしていて操作もしやすいので安心です。

Read More

大容量ファイルの転送

PCとファイル

電子メールを用いた大容量ファイルの転送というのは、送信先に迷惑を掛けてしまうためビジネスマナーとして禁止されています。ファイル転送システムを導入することで、その問題を解決することができるでしょう。

Read More

セキュリティ問題を解決

パソコン

データ送信サービスであれば、電子メールによるデータ送信業務におけるセキュリティ面の問題も解決することが可能です。データ送信サービスは全送信経路が暗号化されているため、機密性の高いデータであっても安全に送信できるのです。

Read More

頼れる専門業者

ハードディスク

会社のパソコンに外付けされているhddが壊れてしまったかもしれない、と焦ったことはありませんか。見たこともないエラーメッセージが出てきて消えなかったり、そもそも認識されないといった事態が発生すると、プチパニック状態に陥るかもしれません。会社の備品を壊したとなれば問題ですし、それ以前にhddに入っているデータはどうなるのかなど、考えなければならないことは山ほどあります。こういった事態に備えて、業務にパソコンを多用している企業は専門の修理業者の目星をつけておいた方がいいでしょう。問題が起こった時点ですぐに連絡をすれば、解決までの時間を短縮することが可能になります。

外付けhddの不具合には、物理障害もあります。hddから異音がする場合や焦げ臭い煙が出てきた時などは、何らかの理由で本体が壊れている可能性が高いです。また、その物理的障害が原因となって、hddが認識しなくなることもあります。いずれにしても、自分でなんとかしようとして下手に触ってしまえば、余計に事態を悪化させてしまう可能性もあるので、ここは素直に専門家に修理依頼をした方が合理的でしょう。
専門の修理業者は、こういったhddの故障はもちろん、誤って大事なデータを消去してしまった場合にもデータを復旧してくれます。この場合、データがどこに保存されていたか、またデータを消去してしまった時の状況などによって復旧できるかどうかが決まるようです。とにかく、hddに何らかの問題が生じた場合には、専門業者に見てもらうことが一番でしょう。